必ず来るどうにもならない時どうすればいい?

 
人生というもののある部分において、どうしようもないと感じる時が来ます。もしかしたら、こうなってしまったらもう私は終わりなんじゃないかと思うくらいつらい場面ですね。冷静に考えても突破口がみえない、闇の中に1人取り残されているようです。

その時にポジティブな考え方を徹底するとか、何かチャレンジしてみるとか、自己啓発をいろいろとやってみたりとか、とにかく今の現実から脱するため多くのことを吸収しようとします。
そうやって何かきっかけを掴もうとすることはとても大事なことです。

しかし、本当は自暴自棄になるほどギリギリの状態ですから、無理して頑張ってもちょっとしたヒビが入ると、余計に悪化してしまいます。本当に生き地獄のような場面をループするのです。

そこで私はあえてこういう言葉を自分自身にかけることをオススメします。
「私の本当の居場所はどこにありますか?」と。

この言葉に対して何か考える必要は全くありません。本当になんとなく、たまに口に唱える程度で十分です。何回も繰り返すこともいりません。
すると少しずつですが体の中の重たいものが、ガラガラと崩れ落ちるような楽さを感じることがあります。

どういうことかというと、どうにもならないと感じる時は、その人オリジナルの生き方をつくりだす準備をしているからです。
言わば「破壊と創造」の破壊の場面で、大きく生き方を変える為に、無意識でも認識できる範囲でも、「私」という存在そのものを大掃除、整理整頓を行うことで、実際に行動を起こせるようにしています。
そういうなかで先ほどの言葉をかけることで、より早く、的確に作業ができるよう後押ししている状態です。
この言葉をかけるだけなら、無理なくこれ以上ダメージを与えなくて済みます。何よりこの状況下ではいくら頑張ってもすぐに結果に反映されにくいので、なんとなく唱えつつ、たまに頑張れそうなときにちょっと頑張るぐらいのペースで構いません。何もしないというのもそれもまたつらいことなので、無理なく、かつそれなりに満足感が得られるぐらい活動してください。

何度も言いますがこの時は本当に大変です。ある意味で人生において、もっともサポートが必要な時期です。
正直な話「無理するなと言うけど、無理してでもこの状況から脱したいんだよ」と言いたい。
それでもこうやって効果的に「私」を整えていくことが今一番大事なことです。
いつのまにか人生の道筋がみえてくる時が来ます。
本当にいつのまにかです。
だからギリギリの中でもこのキーワードをたまにつぶやきながら、少しでも安定できる場所を探してみてください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です